松阪牛
 
特産松阪牛

松阪地方では古くから、但馬地方(兵庫県)生まれで紀州育ちの若い雌牛を役牛として導入していました。明治以降はそうした役牛を長期肥育することで肉質の優れた松阪牛として生産してきました。この肥育技術を継承し、より一層の肥育技術の向上を図るため、松阪牛の中でも特に但馬地方をはじめとする兵庫県より生後約8ヶ月の選び抜いた子牛を導入し、900日以上の長期に渡り農家の手で1頭1頭手塩にかけて肥育されたものを「特産松阪牛」と呼んでいます。

その特徴は

  • きめの細かいサシ(霜降り)と柔らかな肉質
  • 甘く深みのある上品な香り
  • 脂肪の溶け出す温度(融点)が低く舌ざわりが良い

特産松阪牛推進農家 特産松阪牛
「特産松阪牛」の普及や生産振興をはかるため、兵庫県から積極に子牛を導入し、「特産松阪牛」の肥育に取り組む松阪牛の生産農家を「特産松阪牛推進農家」として認定いたしております。
松阪牛協議会とは
会員紹介
私たちの取り組み
松阪牛とは
特産松阪牛とは
松阪牛生産地域
松阪牛の歴史
松阪牛の美味しいさ分析
美味しく食べよう
関連リンク
松阪牛シールについて